制度概要

目的

東京都新保証付融資制度(東京都と地域の金融機関とが連携した保証付融資制度)は、厳しい経営環境にある都内中小企業の資金繰りを支援するため、平成21年第1回定例会において成立しました「東京都と地域の金融機関とが連携して実施する金融支援に関する条例」に基づき実施するものです。

東京都の区域内に事業の基盤を置き、高い技術力や優れたビジネスプラン等を有しているにもかかわらず、当面の事業継続に必要な運転資金等の確保に困窮する中小企業に対し、東京都と地域の金融機関とが連携して金融支援を適切かつ円滑に実施し、もって中小企業の振興を図ることを目的としています。

申込方法

融資取引のある取扱金融機関に申込みます。
(本制度の融資を申込みできるのはお取引のある1金融機関のみです。)

申込から融資までの流れ

ご利用の手順【上図の①から④に対応】

  • ① 中小企業は、融資申込が可能な取扱金融機関に対して融資の申込みをします。
  • ② 取扱金融機関は、審査の上、保証機関に対して保証の申込みをします。
  • ③ 保証機関が審査の上、保証可能と判断した場合、中小企業は、保証機関に対して保証料を支払います。
     (取扱金融機関が中小企業から保証料の支払を受け、保証機関に支払う場合もあります。)
  • ④ 取扱金融機関は、中小企業に対して融資を実行します。
  • ※取扱金融機関については、こちらをご参照ください。
  • ※ご利用にあたっては、あっせん料、仲介手数料等を要求する、いわゆる金融あっせん屋等にご注意ください。
  •  金融あっせん屋等の第三者が介入する保証申込みは一切取扱いいたしません。
  • ※申込みにあたっては、取扱金融機関及び保証機関の審査があります。