2016.9/29〜11/30 この秋、都内産の農林水産物をお楽しみいただけるイベントを都内各地で開催いたします。

イベント カレンダー


9月 新宿 食の市 - 食スタイル江戸・東京 -
10月〜11月 都内全域 とうきょうを、食べよう。スタンプラリー
10月 丸の内/立川・青梅/木場 東京味わいフェスタ2016  Taste of Tokyo 東京農林水産フェア 第36回木と暮しのふれあい展
11月 代々木 第45回東京都農業祭 第9回東京都食育フェア

区市町村が行うイベント情報


<稲城市>
「いなぎ日曜市」
概  要 稲城市内の農家の方々が丹精こめて生産した野菜等の販売を行います。
日時場所 毎月第二日曜日 コーチャンフォー(若葉台店駐車場内、稲城市若葉台2丁目9番地の2)
     毎月第四日曜日 いなぎ発信基地ペアテラス周辺(稲城市東長沼516の2)
     両日とも、午前10時~11時半まで(売り切れ次第終了)
     注釈:10月第四日曜日は開催いたしません。
https://www.city.inagi.tokyo.jp/kanko/kanko_tokusyoku/kankou/inagi_nichiyouichi.html
問い合せ 稲城市市民部経済観光課 電話042-378-2111(代表)

「板橋のいっぴん」黒糖かりん糖は素朴な甘さが人気です。

麦チョコ、柿の種チョコは、クセになるチョコとのマッチングが絶妙!もう手が止まりません。

堅さ日本一!歯に自身のない方はご遠慮頂きます。

野菜の風味が生きている「生ソース」。中濃とウスターをセットで揃えたい!

九段下、北の丸公園内にある「ザ・フォレスト北の丸」の東京都八丈島産フィッシュサンド。オーダーするとその場でフライを揚げるのでアツアツが食べられます。

立川「hoccori*cafe-ほっこりカフェ」黒カレー。東京野菜を存分に煮込んで仕上げた逸品。

武蔵小金井「江戸東京野菜料理くりやぶね」ランチのお弁当が人気です。

新宿御苑の新宿門横にある「カフェはなのき」の長葱と内藤とうがらしとゆずを生地に練り込んで焼き上げたというここにしかないケーキセット。ぜひご賞味あれ。

東京都PRブースでは江戸前の鮎がお目見え。大人たちも食い入るように水槽前に。

こちらが江戸前鮎!多摩川産!二子玉川付近から来ました。

行幸通りエリアでは、東京都の野菜、伝統工芸品、牛乳など勢揃い。悪天候にもかかわらず多くの方が訪れました。

有楽町エリアにはゆるキャラが登場!多摩の「たまにゃん」と羽村市の「はむりん」が揃ってポーズ。

<東京都農林水産振興財団立川庁舎>

地元小平市のピザ屋さんが出店。限定オリジナルミックスピザとチキンと野菜のピザが人気に。

東京農業クイズの様子。どの地域で生産されているかを当てる産地当てクイズで盛り上がりました。

親子で真剣に制作中。

しっとりと柔らかいヤマメの燻製。スモーキーな味わいは、ヤマメのコクに上品な深みが増していました。

<東京都農林水産振興財団青梅庁舎>

この日はすばらしい秋空。東京農林水産フェア青梅会場はまさに“天高く牛肥える秋?”

乳しぼり体験の牛もしばし一休み。この日のために、たくさんの乳牛がスタンバイしました。

コスモスの摘み取り体験も行われました。赤やピンクや白のコスモスがちょうど満開でした。

ひよこのふれあい体験。ただのひよこではありません。「東京しゃも」のひよこです。手のひらに乗せると、あったかいね。

森の現場で働く機械の体験試乗に男の子たちも大興奮!

木彫の職人技を説明されて唸ってしまいます。よっ名人!

魚の形に型どられた木板を打ち抜きます。案外むずかしい。

水車も登場。ついつい見入ってます。

開催初日の11月2日に野菜や花を積んだ10台を超える軽トラックたちが表参道付近をパレードしました。沿道を行く人たちもびっくり。

野菜の品評会。容姿の整ったイケメン野菜たちに、関係者であろう方々の視線が熱いです。

優良賞、良好賞の大根たち。白さの映える東京の逸品大根です。

大量の野菜で作る宝船。「JAあきがわ」さんの作品。緑と白のコントラストがすばらしいネギの帆に思わず唸ります。

開催日は晴天に恵まれました。会場の代々木公園ケヤキ並木通りも紅葉が始まり、たくさんの方に来場いただきました。

AGE数値計測中。AGEとは終末糖化産物、タンパク質と糖が加熱されてできた物質で、老化を進める原因物質のこと。みなさん恐る恐る測ってます。

東京都のブースでは都の様々な取り組みや、野菜の美味しくたくさん食べる料理法などをご紹介しました。

中野区の食育推進ゆるキャラ「うさこさん」のステージ。「うさこさん」テーマ曲をみんなで踊って健康に!