農業災害補償制度(自然災害等の公的保険制度)

農業災害補償制度とは

農業災害補償制度は、農業災害補償法(昭和22年12月15日 法律第185号)に基づき、自然災害や病虫害など不慮の事故による農業者の損失を補填し、農業経営の安定を図り、農業再生産の確保と食料の安定供給に資することを目的とした公的保険制度(農業共済)です。

制度の仕組み

農業者が共済掛金を出し合って共同準備財産を造成し、災害があったとき、その造成財産から被災農家に共済金を支払うという、いわば農家の自主的な相互救済を基本としています。
農業災害補償制度は、東京都農業共済組合(NOSAI東京)と国の2段階制で運営しており、東京都は、この事業を行なう東京都農業共済組合に対し、適正かつ効率的な業務運営を図るための指導監督を行なっています。

農業災害補償制度(イメージ)

制度の特徴

  1. 国の災害対策として実施される公的な保険制度です。
  2. 水稲、陸稲、麦を一定以上作付ける農家は、加入を義務付けられています。
  3. 共済掛金の約半分や共済事業の運営費の一部について、国が負担します(建物共済及び農機具共済を除く。)。
  4. 補償は、原則としてすべての自然災害を対象としています。このほか、病虫害や鳥獣害の被害も対象となります。家畜は、死亡、廃用、病気、けがが対象です。
  5. 補償の内容は、共済事業によって異なります。

農業共済事業の種類(東京都で実施しているもの)

  1. 農作物共済:水稲、陸稲、麦
  2. 家畜共済:乳牛、肉牛、一般馬
  3. 果樹共済:梨
  4. 園芸施設共済:プラスチックハウス、ガラス室(附帯施設や施設内農作物も加入可能)
  5. 建物共済:組合員が管理又は所有する建物
  6. 農機具共済:トラクターや動力噴霧器などの農機具

農業共済事業に関するお問い合わせ

電話:042-381-7111~7113

農業災害補償制度に関係する情報

お問い合わせ

産業労働局農林水産部農業振興課組合指導係
電話:03-5320-4823(直通)