ムスリム旅行者おもてなし

東京都では、今後、世界各国から多くの旅行者が訪れることが見込まれる中、多様な文化や習慣を持つ旅行者への対応として、ムスリム旅行者が安心して快適に滞在できる受入環境の整備を推進しています。

1 ムスリム旅行者受入のためのセミナー・アドバイザー派遣【平成28年度分終了】

平成28年度のセミナー・アドバイザー派遣は終了しました。平成29年度事業については、内容が決定次第こちらで公表する予定です。

(1)ムスリム旅行者受入セミナー(参加費無料)

  • 対象事業者・取組状況別に3つのテーマを設定
  • 各テーマに応じた対応策や事例紹介、ムスリム留学生による旅行者の視点紹介、ワークショップ(明日からできる取組提案)を実施

第一回セミナー ムスリム旅行者受入の基礎知識

 ①日時:平成28年11月17日(木) 13:30~16:00

 ②場所:TKP新宿カンファレンスセンター

 ③対象:飲食施設、宿泊施設、商業施設、観光施設、商店街、観光協会 等

第二回セミナー SNSを活用したムスリム旅行者へのアプローチと集客方法

 ①日時:平成28年11月24日(木) 13:30~16:00

 ②場所:TKP新宿カンファレンスセンター

 ③対象:飲食施設、宿泊施設、商業施設、観光施設、商店街、観光協会 等

第三回セミナー 食におけるムスリム旅行者対応

 ①日時:平成28年11月25日(金) 13:30~16:00

 ②場所:TKP新宿カンファレンスセンター

 ③対象:飲食施設 等

(2)ムスリム旅行者受入に係るアドバイザー派遣(利用料無料)

  • 事業者のニーズに対応した助言等を行うアドバイザーを派遣

   【実施支援例】ディスカッション形式による取組状況のアドバイス

 ①期間:平成28年11月1日(火)から平成29年3月15日(水)の間

 ②対象:飲食施設、宿泊施設、商業施設、観光施設、商店街、観光協会 等

 ③場所:事業者が希望する東京都内指定場所

(3)セミナー及びアドバイザー派遣 申込方法

以下、【事業詳細】を参照のうえ、専用ホームページから申込みいただくか、【参加申込書】を申込先までFAXまたはメールでご提出ください。

申込先 ホームページ:東京都ムスリム旅行者受入に係るセミナー及びアドバイザー派遣HP

            (http://www.lapita.jp/index.html

     FAX:03-5909-8100

     メール:seminar-muslim#bwt.jtb.jp(※メール送信時には、「#」を「@」に置き換えて送信してください。)

問合先 東京都ムスリム旅行者受入セミナー・アドバイザー事務局

     電話:03-5909-8090

2 ムスリム旅行者おもてなしハンドブック【事業者向け】

ムスリム旅行者受入に関する基本知識や対応策などをまとめたハンドブックです。ムスリム旅行者受入の取組にあたりご活用ください。

(1)掲載内容

「ムスリム」「食」「礼拝」「習慣・マナー」に関する基礎知識、おもてなしのポイント、都内での取組事例、都内の礼拝所マップなど

(2)配布先

宿泊施設、飲食店、商業施設、都内区市町村などに配布
ハンドブックデータはこちらかからダウンロード可能です。

ハンドブック(イメージ)

3 ムスリム観光客受入対応BOOK【事業者向け】

ムスリム旅行者を接客する際にご活用ください。

(1)掲載内容

「ムスリム対応会話集」「ムスリム対応チェックシート」「都内礼拝場所一覧」
データはこちらからダウンロード可能です。

4 ムスリム旅行者受入対応施設紹介パンフレット「TOKYO MUSLIM Travelers' Guide」【旅行者向け】

ムスリム旅行者の受入れに向け取り組んでいる飲食店や宿泊施設等を紹介するパンフレットです。本パンフレットには、旅行者に東京滞在をより楽しんで頂くための必要な情報を掲載しております。

(1)掲載内容

① 掲載施設 飲食店、礼拝施設、宿泊施設、物販店

② 掲載内容 ムスリム旅行者対応として、各施設が提供可能なサービスをアイコンを用いて掲載

        (例)使用食材の表示、豚肉を使用していない料理の提供、

           ムスリムシェフが在籍、礼拝用アイテムの貸出

③ 言  語 英語

(2)配布場所

東京観光情報センター 等

※ 本パンフレットは、東京の観光公式サイト「GO TOKYO」のデジタルパンフレットギャラリーhttp://www.gotokyo.org/book/?la=en)からダウンロード可能です。 

お問い合わせ

産業労働局観光部受入環境課
電話:03-5320-4771

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
Adobe Systemsのサイトから無料でダウンロードできますのでご利用ください。

Get Adobe Reader

産業労働局の主な分野